パソコン(精密機械)を運ぶ

パソコン(精密機械)を運ぶ

インターネットプロバイダ

インターネットプロバイダとはインターネット接続業者のことです。
プロバイダにも引越し業者のようにたくさんの会社があります。
ですがプロバイダ、回線業者などわからないと事が多い思います。

 

まず固定回線とモバイル回線とは何かよくわからないので調べてみました。

 

インターネット回線
ぱっと聞いただけではよくわかりませんが電車で目的地に行くのに
どの路線を使って行くのかと同じ考えだと思ってください。

 

インターネット回線→インターネット
電車路線→目的地

 

と同じことなのでそのインターネット回線をどこの会社にするかということです。
ここでも回線業者がたくさんあるのでどれにするか迷ってしまいます。

 

そもそもインターネット回線を行っているいるのはどこの業者なのか?
・NTT(フレッツ光)
・KDDI(auひかり)
・So-net(NURO光)
など他にもたくさん業者があります。

 

ではどの回線会社が一番いいのでしょうか?
光回線、ADSL、CATVはよく聞くと思います。

 

光回線
光を利用して情報を伝える仕組みになっています。
他の回線と比べると少し値段が高くいですが安定した通信速度を保てますが
自分以外の人も1つの光回線を一緒に使うことができるので
同時に使うと速度が落ちる場合もあります。

 

ADSL
こちらは光回線と比べると料金は安くなり、
電話回線を利用して通信を行うものになるので回線の距離によっては
通信速度が落ちてしまう場合があります。

 

CATV
映像配信契約ができ、通信も安定しています。
ですがダウンロードやアップロードはADSLと同じくらいなので
敏感にダウンロードなどをする方には、おススメできません。

 

プロバイダ(インターネット接続会社)

プロバイダでは回線の提供はしていませんがインターネットへ 接続するための重要な役割を果たしています。 回線だけ繋いでもプロバイダを繋げなければインターネットには 繋ぐことができないので注意しましょう。   なので回線とプロバイダを契約しないとインターネットは使うことができません。

 

固定回線
家や職場でインターネットを使う場合、回線とパソコンを
直接繋げなければパソコンが使えなくなってしまいます。

 

メリット:通信速度や回線の安定がとても良い
デメリット:外で回線が使えないため出張が多い方には向いていないです。
オススメの会社:自分が契約してる契約会社(auなど)がオススメです。
SoftBank光、au光、ドコモ光などがあります。

 

モバイル回線
こちらは固定回線と違って回線を使わなくても持ち運びができる
小さいサイズのモバイルルーターですが固定回線と比べると
エリア外では使えなかったり通信速度が落ちることがあります。

 

メリット:持ち運びが簡単で工事費がかかりません。
デメリット:エリア外では使えず通信速度も落ちることがあります。

 

パソコン手続き

引越しをする際に解約をしなければいけないのか?
引越しの際に解約は必要ありません。
フレッツ光の場合だと「移転手続き」というものがあります。

 

料金

戸建てへ引越し

マンションへ引越し

フレッツ光

9,000円

7,500円

 

・フレッツ光の場合土日祝の工事は↑プラス3,000円かかります。
・新規手続きの場合は7,600〜18,000円ほどになります。
・既存配線再利用をする場合は割引されます。

 

フレッツ光で解約手続きをする場合、電話手続きをするより
WEB手続きの方が特典が付いてきたりするのでそちらがオススメ!

 

引越し手続きはどうすればいいのか?
引越しが決まったらまずプロバイダ(インターネット接続業者)に
電話をして引越しをするということを伝えましょう。
そこで手続きを進めることができます。

 

プロバイダへの連絡→手続き→インターネット回路工事→開通

 

という順番で手続きから開通まで行います。

 

引越しの何日前までに手続きをすればいいのか?
パソコンの手続きは時間がかかることが多いので最低で2〜4週間前までには
手続きを済ませておかないと新居先ですぐにパソコンが使えなくなる場合があります。

 

手続きに必要なものはあるのか?
プロバイダに電話をする前にまず引越し先の住所や契約者名義、工事日など
確認してから手続きの電話をするようにしましょう。

 

今現在、フレッツ光を使っている場合はフレッツ光が引越し先で
使えない場合があるので確認しておきましょう。
もし使えない場合は解約しなければならないのでそうなった場合は
プロバイダに電話する際にそのことを伝えましょう。

 

注意
NTT東日本NTT西日本は同じフレッツ光でも会社やサービスが全く別です。
なので東京→大阪に引越しをする場合はNTT東日本を解約しなければなりません。
移転先によって手続きの仕方が変わってくるのでこちらをご覧ください。

一人暮らしの場合のインターネット手続き

今まで家族と暮らしていて一人暮らしをすることになった場合
手続きはどうすればいいのでしょうか?

 

実家のPC2台の内PC1台のみを引っ越す場合
こうなった場合は、実家にあるパソコンはそのままの契約のままで
引越し先に持っていくパソコンのみ新たに新規契約をしなければいけません。
新居に対応している会社を調べてから契約をしましょう。

 

 

実家のPC(1台)を一人暮らしのため新居に持っていく場合
これは一人暮らし関係なく、パソコンの引越しになるので
解約せずに移転続きをすれば新居先でネットが使えます。

 

一人暮らしにオススメのモバイルWiFi
引越しの際は解約せずに移転手続きをすればそのまま使えますが
一人暮らしになった場合、その会社を引き継ぐと毎月の支払いが大変です。
光回線の場合でも月々約6,000円ほどになってしまいます。

 

家族で使う場合なら安い方かもしれませんが一人暮らしになると

 

インターネット料金は大きな出費になってしまいます。
光回線の場合だと2年契約で手続きしてしまいなかなか解約できないまま
毎月、インターネットだけで高い料金がついてしまいます。
 
そんな中、一人暮らしにオススメなのはモバイルWiFiです。
 
最短で翌日にはインターネットを使うことが可能でプロバイダ契約も不要です。
更に月々の支払いも3,000円〜のところもありのでとても便利です。

 

GMOとくとくBB
楽天スーパーwifi
ヤフーwifi
ワイモバイル

 

など他にもたくさん種類があります...
その中でも2015年一番人気が高く、安いのはヤフーwifi になります。

 

月額料金

GMOとくとくBB

3,609円

ヤフーwifi

2,793円

楽天スーパーwifi

2,839円

ワイモバイル 

3,698円

 

比べてみるとヤフーwifiが一番安いことがわかります。

 

そして最近では賃貸マンションインターネット対応している物件が増えています。
すでに完備している物件も多く、これは大家が回線とプロバイダ契約をすでにしているので
自分でやることはLANポートにケーブルを設定するだけでインターネットが使えるようになります。

 

ですがこういったように最初から設備が整っているとデメリットも多くあり
自分で回線、プロバイダの契約ができないので会社を選ぶことができません。
他にも一番ネットが使われる夜間には混んでて通信が遅くなったりと不満もあるそうです。

 

もし一人暮らしをすることになり物件決めをする際は、
インターネット完備があるか確認しておくことが大事です。

 

完備してる場合、契約している会社の解約手続きをしなければなりません。

同じビル内で階だけ引っ越す場合

引越しとは違い、同じビル内で階だけ移動する場合でも
インターネット手続き必要になってきます。

 

同じビルでも所在が変われば引越しと同じなので
インターネット手続きをしなければいけません。

 

これを知らずに新しいフロアでインターネットを使おうとしても使えず
その日に手続きをしても2〜3週間使えないので注意しましょう。

 

LAN配線が届けば使えますが通信が安定しないため
ほとんど使えないのと同じなので手続きをしっかりしましょう。

 

もし社内でこういったインターネット引越しをする場合は
上司などに相談してから手続きをしましょう。

 

→→引越しでペットを連れて行く のページに進む