引越し見積もり

荷物が少ない引越し(単身など)の場合では、
見積もりの仕方を工夫するだけで安く引越しをすることができます。

 

これは荷物が少ない場合だけではなく家族での引越しの際にも
見積もりの仕方によって安く引越しをすることができます。

 

引越し料金は値引きできるのか?
引越し料金の値引きは可能です。
ですが見積もりをした際にその場で契約せず
何件も見積もりをしてから最後に引越し会社を決めましょう。

 

1件目に見積や値引きをしてもらいその場で決めるより
次に違う引越し会社で1件目の見積もりは〇〇円だったと
言うとその値段より下げてくれる場合もあります。
引越し業者はトラックが止まっているだけで宣伝効果があるらしく
ライバル会社同士の争いもあるため値下げしてでも
自分の会社で引越しをしてほしいという思いがあるそうです。

 

運ぶ荷物が少ない場合は引越し業者に頼んだ方が安い?
最近の引越し会社では単身パックなど荷物が少ない人向けの
プランがある会社がほとんどだと思います。
ですが布団、テレビ、だけなど本当に少量の引越しの場合だと
業者に頼むと割高では?と思う方がいるそうです。
そう言った場合はレンタカーを借りて引越しをした方が
安く引越しをできる場合もあるので業者で見積もりをしてもらってから
レンタカーで運んだ場合の料金を比べてみましょう。

 

ちなみに宅配便、引越し業者、レンタカーを比べた場合...

 

宅配便
県内での大型荷物便で約10,000円〜が相場になります。
荷物が多くなるほど高い相場になってしまいそうです。

 

レンタルカー、レンタルトラック
相場は大体5,000円〜1,5000円くらいが相場だと思います。
ですがレンタルカーの場合は自分で荷物を運んだりしなければ
ならないため手間と時間がかかってしまいます。
 引越し業者
料金比較表にもあったように相場は3,000円~50,000円くらいです。
電化製品が多い場合は業者さんに運んでもらったほうが安心ですね。

 

新居が決まったら

新しく住む場所が決まったらまず何をすればいいのでしょうか。

 

大家への連絡
今住んでいる家の大家にまず連絡をして引っ越すということを伝えましょう。

 

入居可能日を確認
新居が決まったらその物件が即入居可能かそうでないかを確認しましょう。
工事などが入る場合は、すぐに入居できない場合があるので気をつけましょう。

 

入居先の家賃確認
新居の家賃はいつから発生するのかしっかり確認しましょう。

 

インターネット環境
インターネットプロバイダが元々ついているのか確認しましょう。
早めに確認しておけば手続きも余裕を持ってできます。

 

新居の間取りを確認
新しく住む家の間取りや部屋のサイズなどを確認して
家具が入るかなど先に確認しましょう。

 

新居周りの環境
家の周りに何があるかなど自分の足で歩いて見に行きましょう。
自転車置き場やスーパーなどがどこにあるのか先に見ておくと
後々、安心して生活を始められると思います。

引越し手続き

引越しをする際に必要な手続きがたくさんあります。

 

転出届け
役者に行き転出証明証を発行してもらいましょう。

 

国民年金
住所変更などが必要になります。

 

福祉、医療手続き
こちらも住所変更や書類確認が必要になります。

 

電気やガスの手続き
引越しが決まったら会社に連絡を入れましょう。
住所変更して新居で電気やガスを使える環境を整えましょう。

 

郵便物の手続き
こちらも住所変更手続きをしないと引っ越してからも
前の家に郵便物が届いてしまうので注意しましょう。

 

他にも様々な手続きがあるので自分が加入しているものを
把握して手続きを行うようにしましょう。

 

役所で手続きをする場合に身分証明書、印鑑が必要になるので持っていきましょう。

梱包資材

引越しが決まったら荷物の梱包をしいなければなりません。
まず梱包に必要な資材を集めましょう。

 

・ダンボール
・布団袋
・気泡緩衝材
・タオル
・新聞紙
・ガムテープ
・油性ペン
・ヒモ
・はさみ
・カッター
・工具

 

など他にもたくさん必要な資材があります。

 

この中でも集めるのが大変なのがダンボールです。
引越し業者のプランの中で無料でダンボールを用意してくれる
業者もあるので確認して必要な場合は自分で用意しなければなりません。

 

ダンボールは買わなくても無料で手に入れられる

 

 ドラッグストア
小さい物(化粧品)から大きいもの(オムツなど)を取り扱っているので
いらなくなったダンボールも様々な大きさがあります。
店側はダンボールは捨てるだけの物なので店員さんに
声をかければ無料でダンボールを貰うことができます。

 

スーパー
ドラッグストアよりはダンボール数が多くあります。
ですが野菜などを入れていたダンボールは水を吸収して
弱くなっている場合があるので慎重に選びましょう。

荷物の梱包

引越し業者のプランで業者に梱包を任せていない場合は、
自分で荷物の梱包をしなければなりません。

 

雑誌、本、漫画
大きさは小さいですが重さがあります。
こういうものは大きいダンボールに入れると
底抜け原因になるので小さいダンボールを選び入れましょう。

 

小物
飾り物や小物は小さいダンボールに小分けして入れましょう。
重いものは下に軽いものを最後に入れましょう。

 

布団
布団は必ず、布団袋に入れましょう。
この際にしっかり空気を抜いて入れるようにしましょう。

 

テレビ、ビデオ
電化製品は壊れやすいのでしっかり梱包しましょう。
電化製品とサイズがぴったりのダンボールに入れないと
運ぶ際に中身が動いてしまうので注意しましょう。

 

大型家具
引越し業者に頼んでいる場合、ほとんどの業者が
大型家具の梱包をしてくれると思います。
自分でやる場合は気泡緩衝材でしっかり梱包して
傷がつかないようにさせましょう。

 

割れ物
お皿やコップを梱包する際は必ず1枚ずつ梱包しましょう。
まとめて梱包すると輸送中に動いてしまい割る原因になります。

 

観葉植物
業者側は観葉植物でも荷物と同じ扱いなので葉もしっかり梱包しましょう。
細かい葉がついている場合は1枚ずつ梱包した方が安心です。

引越しの挨拶

引越し前にお世話になった近所の方などに挨拶に行きましょう。
その際にお菓子やギフト券、日用品(石鹸など)を持っていきましょう。

 

挨拶に行くベストな時間帯は10 時〜18時くらいがいいでしょう。

朝早いと仕事に行く前などでバタバタしていることが多く、
夜も疲れて帰ってきて休んでいるところに伺うのは失礼にあたります。
もし留守の場合は一言、手紙を入れてドアノブにかけておくなどしましょう。

 

これは引越し先でも同じですが女性の一人暮らし場合は、
ストーカー被害に遭う可能性もあるので心配な方は
最初からドアノブにかけておくなどして一人暮らしということを
自分から主張しないように工夫しましょう。

引越し前日

引越し前日は思っているよりも忙しくなります。
冷蔵庫の水抜き梱包の最終確認などをしなければなりません。

 

この時に当日まで使うものと使わない物をしっかり分けておきましょう。

 

前日の注意ですが梱包を完璧だと思っていても当日になって
まだ梱包をしなければならない物が出てくる場合があります。
この時に一番忘れやすいのが照明です。
ですが前日の夜も電気がないと真っ暗なので当日にすぐ取り外し
すぐに梱包できるように用意しておきましょう。

 

こうなった場合に対応できるようにダンボールを多めに用意しておきましょう。

 

そして前日はできるだけ食器などを使わないように外食やお弁当などで
過ごしたほうが当日に慌てずに余裕を持って引越しができます。

 

 

引越し当日

引越し当日は梱包の最終確認をしましょう。

 

他にもガスの閉栓に立ち会いが必要な場合があります。
これらが全部終わったら最後に鍵を大家に返しましょう。

 

そしてその日に引越しが完了する場合は、
新居先でも鍵が必要になるので鍵を受け取る時間などを
引越し前に必ず大家と連絡を取り合いましょう。

 

これは鍵を預けておき先に引越し作業を始めることはできません。
本人がいない限り新居先のドアを開けることができないので
必ず引越し業者が来る前に新居に到着できるようにしましょう。

 

→→エアコンの引越しのページに進む