引越し荷物の運び方

引越しをする際の運び方

 

 冷蔵庫
まず冷蔵庫を運ぶ際は一人で運ばずに手伝ってもらいましょう。

 

冷蔵庫に中身が入っている場合に消費できない物は、
クーラーボックスに入れるなど工夫をしましょう。

 

運ぶ際に霜が溶けて水浸しにならないように前日までに
冷蔵庫の電源を切っておきましょう。
冷蔵庫を運ぶ際は横向きにせずに立てたまま運びましょう。
一時的に倒す場合は仕方ないですがなるべく底を下にして
しっかり固定した状態で運ぶようにしましょう。

 

洗濯機
洗濯機も重いので誰かに手伝ってもらいましょう。
全自動洗濯機は必ず立てたまま運びましょう。
ドラム式洗濯機も同様、一人では運ばすに手伝ってもらいましょう。

 

液晶テレビ
テレビを運ぶ際はできれば買った時に入っていたダンボールに入れて
運ぶほうがしっかり固定されて安全に運べると思います。
ですがほとんどの方が捨ててしまっていると思うので電気屋さんなどで
同じ種類のダンボールを貰って梱包する方法もあります。

 

シングルベッド
シングルベッドを運ぶ際に組立式のベッドなら一度解体運ぶと運びやすいですが
一番は業者さんに頼んだほうが安心して運ぶことができると思います。
他にはよくネットに書いているのを見かけますがホームセンターで
物干し竿を購入しトラックを借りてついでにベッドを運ぶ方法があるらしいです。
こちらだと少し安く運ぶことができそうですね。

 

ダブルベッド
シングルと比べて大きいサイズになるので運ぶのが大変になると思います。
エレベーターに入らない可能性の方が大きいので解体するか
頑張って階段で運ぶかのどっちかになってしまうと思います。
なので業者さんに頼んだほうが傷も付かず運べると思います。
他には解体できないベッドでマンションに住んでいて階段で
運ぶのは大変という方はクレーンで運ぶ方法しかありません。
この場合ベッドだけで50,000円ほどかかってしまう可能性があります。

 

ソファー
ベッドは折りたたみ式や解体できるものがありますがソファーは解体したり
折りたたみ式はめったにないの運ぶのが大変になってきます。
できればしっかり梱包して運んだほうが安全に運べると思います。
どうしても家から出せない大きさならベッドど同じくクレーンで
運ぶ方法も考えた方がいいと思います。

 

電子レンジ、オーブン
電化製品なので自分で梱包する場合は慎重に梱包しましょう。
この時に中の皿を出して別々に梱包してできればサイズにあった
ダンボールに入れて運んだ方が輸送中に動かずに運べます。

 

骨董品
骨董品が高額な場合、業者に頼むより自分自身の手で運んだ方がいいでしょう。
業者に頼むと保険をかけてくれるところもありますが保険料上限があるため
心配ならば貴重品と一緒に自分で運んだほうが安心です。
ですが自分で運べないサイズなどは引越し業者に頼むより、
専門業者に頼んだほうがいいでしょう。
クロネコヤマトのグループ会社でヤマトロジスティックスという業者があり
こちらでは美術品輸送専門なので安心して任せられます。

 

自転車、バイク、車
業者に頼む場合、こういった乗り物はトラックに積みにくい形のため
料金を別に高く取られてしまう場合があります。
なので短距離の場合だと自分で運転して運んだほうがいいでしょう。

引越し荷物を運ぶ際の注意

冷蔵庫
冷蔵庫を運ぶ際は必ず中身の物を出してから運びましょう。

そして運ぶ前日までには電源を切っておきましょう。
電源を当日に切ってしまうと冷蔵庫内の霜が溶け出して
運搬中に水浸しになってしまう可能性があるので注意です。

 

そして新居に到着してから1時間は電源を入れないようにしましょう
すぐに電源を入れてしまうと運搬の際に中のモーターなどが
動いてしまっているためすぐ電源を入れてしまうと故障の原因になります。

 

洗濯機
運ぶ際の注意として洗濯機は必ず立てたまま運びましょう。
斜めにしたりすると故障の原因となってしまいます。
特にドラム式の場合80キロ〜100キロほどあるので
一人で運ぶと怪我をしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

洗濯機を運ぶ際に内部の物が外れてしまったりすると
プロでない限り直せないものもあるので注意しましょう。
こういった物は専門業者に運んでもらった方が安心ですね。

 

シングルベッド、ダブルベッド
運ぶ際は必ず2人以上で運ぶようにしましょう!
階段で運ぶ際は落として怪我をしないように
滑り止めが付いた軍手をして運ぶなど注意して運びましょう。

 

ソファー
ソファーを運ぶ際はベッドと同じく2人以上で運ばないと
怪我に繋がってしまうので注意しましょう。
ソファーの場合、素材によっては傷や汚れが付きやすい物が
多いので運ぶ際に気をつけましょう。
不安であれば業者に頼んだほうが安心です。

 

電子レンジ、オーブン
業者に頼んだ際に扉が開かないようにガムテープなどを
貼ってしまう人がいるそうですが貼らずにそのままでいいそうです。
他には雨の日の引越しの場合、電子レンジやオーブンは
電化製品なので雨に濡れないように十分に注意しましょう。

 

液晶テレビ
テレビを運ぶ際の注意はまず梱包する前に配線の位置を確認しておきましょう。
これは先に確認しておかないと新居先でテレビが観られなくなってしまう可能性が
あるので色シールを貼る、写真を撮っておくなど対策をしましょう。

 

骨董品
自分で運ぶ場合、割れ物は特に注意して梱包しましょう。
骨董品の梱包材料は画材屋に行けば大体の物が揃っていると思います。
その梱包材を使い、傷がつかないようにしっかり梱包しましょう。

 

自転車、バイク、車
バイクと車はガソリンを使うため引越しの際に注意しなければなりません。
必ずガソリンを処分してから運ぶようにしましょう